飲み始めの時に出やすい低用量ピル「トリキュラー」の副作用

トリキュラーは女性が主体となって妊娠を阻止することができる方法の1つで、世界中の女性たちが飲んでいる低用量ピルです。

ピルには黄体ホルモンだけを含有しているミニピルや、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを配合している混合剤ピルがありますが、この混合剤ピルの中で現在主流となっているのが低用量ピルです。

低用量ピルでホルモンの乱れを和らげる

低用量ピルにもいくつかの種類がありますが、トリキュラーは妊娠を防止するだけでなく生理中や出血量といった症状を抑えてくれます。生理周期を安定させる作用や生理時の出血を抑えることができるため、貧血を改善する作用もあります。

また子宮内膜症の治癒や子宮体がんや卵巣がんの予防など、さまざまな作用が期待できます。その他にもホルモンバランスの乱れによって、心身ともにさまざまな不調がおこるプレ更年期にも有効です。

トリキュラーのような低用量ピルは、女性ホルモンを補うことでプレ更年期でも安定したホルモンバランスを保ち心身の症状を和らげることができます。ただ低用量ピルは避妊効果はあっても性感染症の感染を防止することはありませんから、コンドームとの併用がもっとも望ましいといえます。

頭痛や吐き気などが副作用

低用量ピルは、排卵が起こらないようにしたり精子が子宮に入らないようにして妊娠を防止しますが、飲み始めには副作用が出やすいというデメリットもあります。

従来のピルと比べて、服用後に頭痛や吐き気などといった副作用は非常に小さいように作られています。そのため今までピルを使わなかった人や、抵抗があった人でも安心して使用できるというメリットはありますが、初めて服用するという人には個人差はありますが、副作用が現れることがあります。

通常2シートや3シートと使う中で体がなれて副作用がなくなっていきますが、2~3か月使っても症状が続くような場合には使用を止めるか医療機関に相談し、ほかの低用量ピルへの変更などを含めて相談するようにしましょう。低用量ピルもいくつか出されていて体との相性もありますので、1つが合わなければ全て合わないというわけではありませんので安心です。

服用方法は、1日1錠決まった時間に服用するだけで妊娠を防ぐことができますが、飲み忘れに12時間以内に気づいた場合には、気づいた時に飲み忘れた分の錠剤をすぐに服用すれば問題ありません。ただ、飲み忘れから12時間を越えて24時間以内に気づいた場合には、気づいた時に飲み忘れた錠剤をすぐに服用し、次の錠剤もいつも通り1錠服用します。

基本的にはそのまま続ければ問題なく妊娠の可能性はほとんどなくなりますが、念のため始めの2週間ほどはコンドームなどを併用すると安心です。