自分でもイヤになるPMSをトリキュラーで緩和したい

女性の社会進出が活発になっている今日、女性の悩みの中に月経痛、PMS(月経前症候群)などの症状が不快だという話はよく聞かれます。それらの悩みは個人差が強く、また男性には理解してもらいにくい悩みとして抱え込んでいる女性も少なからずいるのではないでしょうか。ひどい場合は、仕事や学校に行くことどころか外出することさえ難しい症状が出てしまうという人もいます。

自分だけで抱え込まず、改善策を模索していきましょう。

腹痛やイライラするなど症状がある

まず、月経痛、PMSがおこる理由について考えていきましょう。
月経とは子宮内の不要となった子宮内膜をリセットすべく、体外に出すことを言います。その際、プロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このホルモンは子宮収縮に欠かせないホルモンなのですが、消化器にも影響を与えてしまいます。その際に便秘、下痢、胃部不快などが生じるのです。
また痛みの閾値を下げてしまう効果があり、よって子宮収縮による痛みを脳が感じやすくなってしまっているのです。同様に腰痛や頭痛も出やすくなります。

他には、月経時には女性ホルモンと言われるエストロゲン・プロゲステロンなどのホルモンも目まぐるしく推移するので、イライラする、怒りっぽくなる、涙もろくなるなど感情にも影響してしまいます。

ホルモンバランスには個人差があり、感受性も人それぞれです。なので、それらの症状がより強く出る人、出にくい人の差が生まれます。どちらが悪いとかではなく、正常な反応なのですが、あまりに症状が強い場合は病気が隠れていることもありますので注意が必要です。

低用量ピルのトリキュラーでホルモンバランスの調整

生理痛、PMSの生活に支障をきたすようなつらい症状に長年悩まされる女性も少なくありません。
そこで日本人向けに開発された低用量ピルのトリキュラーはご存知でしょうか。ピルというと避妊薬のイメージが強いですが、月経関連症状の緩和にも役立ちます。

ピルの仕組みとしましては女性ホルモンの分泌量を調整し、無排卵状態にします。それにより子宮内膜が厚くならず月経のときに排出される量がグンと減ります。量が減るため子宮の負担も減り、結果月経痛も軽くなるという仕組みです。ホルモンバランスも整うので、それ以外の諸症状も軽くなります。

また、妊娠を希望しない際の避妊薬としても使用可能です。コンドームを使っても失敗率は18%と言われています。トリキュラーを服用した場合、0.5%程度となりかなり効果が見込めます。妊娠を希望するなら服用を止めるだけで翌月から妊娠は可能と言われていますので安心です。

月経痛、PMSは女性にとって多くの時間かかわる問題です。1つの手段として考えてみてはいかがですか?