低用量ピルって避妊率は高いけど失敗は本当に少ない?

低用量ピルってコンドームよりずっと避妊の成功率が高いって聞くけど…本当なの?って思ってる女性は沢山いるようです。低用量ピルはやはり医薬品なので飲むことに不安も抵抗もあるのは分かりますが、きちんと知ればそんな事はないんです。低用量ピルなら相手に構わず自分の意志で避妊できるので安心できます。

*

低用量ピル「トリキュラー」はどんな効果で避妊できるの?

低用量ピルのトリキュラーは、三相性と呼ばれる部類のピルで、飲む時期によって卵胞ホルモンと黄体ホルモンが摂取され、脳が疑似的に妊娠したかのように錯覚してしまいます。そこで卵巣へのホルモン分泌指令を出さなくなるため、排卵が抑制され子宮の内膜が着床しにくくなり、粘膜が多くなって精子の侵入を防ぐために避妊効果を得ることができます。

ピルの作用を知るには、生理の仕組みを把握しておく必要があります。

生理と妊娠までの過程

女性の体にある卵巣では約28日周期で卵子が作られては放出されています。卵子は卵胞と呼ばれる細胞に包まれて育ち、成長して排卵されます。卵胞期には、卵胞ホルモン(エストロゲンで)が分泌されて、新陳代謝が活発になり肌の艶も良くなります。

一方排卵期は、エストロゲンが限界に達すると黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されて卵胞から卵子が飛び出します。この時期には鈍い下腹部痛が起こる場合があり、排卵された卵子と精子が合わさると受精卵となり、子宮の内膜に着床すると妊娠が成立することになります。

黄体期は、排卵後に卵子を放出した後卵胞は黄体という組織となってプロゲステロンが分泌され、子宮の内膜が柔らかくなり受精卵が着床する準備を始めます。

月経期は、黄体期に妊娠が成立しなかった場合、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が減少し血液と一緒に子宮の内膜が剥がれて体外へと排出されます。これが月経による出血で、一般的に生理と言われていることです。

ピルを服用することでの避妊効果

この月経開始時にピルを飲むことでエストロゲンが分泌されなくなり、卵胞も育たないので、避妊効果を得ることができます。

低用量ピルにもいくつかの種類があり、中でもトリキュラーは有名で人気があります。ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが配合され、生理の開始とともに服用を開始して、生理の周期にあわせて飲み続けます。

ピルを毎日服用することで確実に避妊効果を得ることができ、女性が身を守ることができる薬です。飲み忘れることなく決められた時間に間違いなく服用することで、ほぼ100%の確率で避妊効果を得ることができます。

女性が女性自身によって妊娠を制御することでき、妊娠を希望するときには服用を中止するだけなので大変便利な薬です。ピルは現在日本国内で行える避妊方法の中で、もっとも確実で効果が高く何よりも安全性が高い方法といえます。興味がある人は、1度婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。

公開日: